曲名:Unlucky
歌手:

配信/発売日:2024/05/18
作詞:Gavis Bettel・ヌビア
作曲:Gavis Bettel・ヌビア

The day has come
When you hear the horns and drums
And now the world is here for me
I’m trying to see what became of thee

I’m asking how much else can I afford?
Am I just a pawn upon this board?
Hands tied and the masses cry for more
Feel it to the core, I’ve been here before

Your words cannot hurt me
I’m not asking for mercy
Unlucky like I have been cursed
I can hit back, need no sorcery
I’ll fight until I’m worthy
This fate won’t be my destiny

I don’t care what they say to me
It’s so unclear why I’m so unlucky
I now fear each and every day
This pain inside, this feeling I can’t hide,
I realize this misfortune’s by design

Find myself over a bridge
Crumbling pieces
My time is ticking away
I’m begging you, please
Been calling all night
Luck ain’t arrived
Cards have been dealt
And this feeling ain’t right

Do I see a light?

Fires around and I’m not burning
Is this a dream, am I just learning?
My battle’s on the inside
Might be a laugh, but really, I’m hurting
What is behind the curtain?

Kings are coming after
Queens say I’m a disaster
I won’t give up so easy
They chase me for my laughter
Now the bells are ringing louder
Heavy’s the head that wears the crown

I don’t care what they say to me
It’s so clear why I’m so unlucky
I don’t fear each and every day
This pain inside, this feeling I won’t hide,
I realize this misfortune’s my design

この日はもう来た
角笛と太鼓の音が聞こえたら
今この世界は私のために来た
あなたがその後どうなったか知りたい

あといくら負担できるか聞いています。
私はただのチェス盤の駒ですか?
両手が縛られ、大衆はもっと多くのことを求めている
徹底的に感じて、私は以前ここに来たことがあります

あなたの言叶は私を傷つけられない
許しを求めているわけではない
私は呪われているように不幸だ
反撃できます。魔法は必要ありません
私は私が価値があるまで戦う
この運命は私の運命ではない

彼らが私に何を言っても気にしない
なぜ私がこんなに不運なのか分からない
今は毎日怖いです
心の痛み、私は隠すことができない気持ち、
私はこの不幸がわざとだと気づいた

自分が橋の上にいることに気づいた
粉々になった破片
私の時間は流れている
お願いします。お願いします
一晩中電話しています
運がまだ来ていない
カードはもう発行された
この感覚は間違っている

光を見ましたか?

周りに火があるが、私は燃えていない
これは夢ですか、私はただ勉強していますか?
私の戦いは内心にある
冗談かもしれませんが、本当に怪我をしています
カーテンの後ろは何ですか?

王たちは追いかけている
女王たちは私が災難だと言いました
そんなに簡単にあきらめません
彼らは私の笑いを追う
今は鐘の音がもっと鳴った
王冠をかぶった頭はとても重い

彼らが私に何を言っても気にしない
なぜ私はこんなに不幸なのか、これははっきりしている
私は毎日を恐れない
この心の痛み、この感覚は隠さない
この不幸は私がデザインしたものだと気づきました