WONK – Migratory Bird 歌詞 ( Lyrics)

曲名:Migratory Bird
歌手:

発売日:2022/05/11

作詞:WONK
作曲:WONK

The sunrise woke me from recurring dreams on the worn sofa
The dry negroni without orange peel screened her carefree smile
And I’m still feeling the warmth of her body. The sweetest night
Now a faint scent of fragrant olive, from somewhere afar

Since the middle of spring
I’ve been looking for the summer
When we snuggled in the breeze
I know you hesitated to give me an answer

Ain’t gonna wait no more
to awaken from the slumber
Ain’t gonna repeat no more
the night with the enchanter
just with the expectations

Staring blankly at a lonly cumulonimbus drifting above me
Electricfyingly I was glued to it and I couldn’t help it
It drops the intense heat, rains and affairs as it pleases
but no one knows when It faded, faded away

In the next coming spring
You’ll find the new summer without me
New door and new key
Somewhere, someway, you’ll stand on the different floor

Ain’t gonna wait no more
to awaken from the slumber
Ain’t gonna repeat no more
the night with the enchanter

Ain’t gonna wait no more
till the leaves change to amber
Ain’t gonna repeat no more
the dream with the enchanter
just with the expectations

朝日を浴びて、繰り返し見る夢から覚めたのは、使い古されたソファの上だった。
オレンジピールのない乾いたネグローニが彼女の屈託のない笑顔を映し出す
そして僕はまだ彼女の体温を感じている 最も甘い夜
今、どこか遠くからかすかに香るキンモクセイの香り

春の半ばから
夏をさがしていた
そよ風の中で寄り添った時
答えを出すのをためらったよね

もう待てない
まどろみから目覚めるのを
もう繰り返さないよ
魔法使いのいる夜
期待だけで

頭上に漂う孤独な積乱雲をぼんやりと見つめていた
電撃的に釘付けになりどうにもならない
猛暑を落とし、雨を降らし、気ままに過ごす
いつ消え去るのか誰も知らない

次に来る春には
君は僕のいない新しい夏を見つけるだろう
新しい扉と新しい鍵
どこかで、どこかで、あなたは違うフロアに立つだろう

もう待てない
まどろみから目覚めるのを
もう繰り返さない
魔法使いのいる夜

もう待たないよ
葉が琥珀色に変わるまで
もう二度と繰り返さない
魔法使いのいる夢
期待だけで

Scroll to Top